病院協会案内

会長挨拶

一般社団法人
福島県病院協会

会長 佐藤勝彦
(大原綜合病院)

 地域の皆様、医療従事者の皆様には、病院事業へのご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。当協会は、昭和25年1950年に福島県内の病院同士の懇親を目的に任意団体として設立され、昭和54年1979年からは社団法人となりました。現在の会員数は118病院で、病院の設立母体や規模を問わず、総合病院から単科の専門病院まで、県内ほぼ全ての病院が会員となっています。協会の目的は、設立当初の懇親のみならず、病院管理の諸問題を調査研究し、病院医療の充実と発展を図り、地域医療の向上と福島県民の健康増進に寄与することです。目的を果たすため、機関紙の発行や医療スタッフの資質向上を目指して研修会を開催しています。また、医師不足対策や地域包括ケアシステム構築、原発事故後の医療復興対策など多くの医療課題に対して行政機関への提言等も行なっております。
 この度の新型コロナウイルス感染症の流行拡大にあっては、病院経営の危機に直面し、医療崩壊が危惧されました。しかし、各病院スタッフの高い志と献身的努力、そして地域の皆様からのご支援によりまして危機を乗り越えて参りました。新型ウイルスの微生物学的研究が進み、ワクチン接種などの予防策も徐々に確立されてきました。しかし、有効な治療薬が開発されるまでは、以前と同様の人的交流を復活させることはできず我慢の日々が続くと思われます。
 ウィズコロナにあって、社会のデジタル化が加速されました。当協会においてもW E Bで研修会や会議を行うことになりました。今後はH Pを開設することで情報通信の利便性を高め、リアルタイムに情報発信しながら協会の使命を果たして参ります。
令和3年(2021)6月吉日

設立概要

昭和25年任意団体として発足
昭和54年9月19日社団法人福島県病院協会として名称を改名。
平成26年4月1日一般社団法人福島県病院協会として新たにスタートした。

目的

病院の病院管理に関する諸般の問題を調査研究し、病院医療の充実及び発展を図り、もって地域医療の向上と県民の健康増進に寄与することを目的としています。

組織

福島県内の病院の開設者及び又は管理者で、本協会の目的及び趣旨に賛同した会員で組織しています。
現在会員数 118病院

事業概要

①病院の管理、運営及び施設の改善向上に関する事業
②病院関係者の教育指導及び医療職員の養成確保に関する事業
③医事法制の調査研究
④税制、金融、その他病院財政一般に関する事業
⑤公衆衛生及び地域医療活動
⑥病院事業について、関係機関及び団体との連絡、協議に関する事業
⑦病院の広報及び情報に関する事業
⑧その他、本協会の目的を達成するために必要な事業

役員

会長1名、副会長3名、常任理事9名、理事10名、監事2名
任期2年

役員名簿

会長佐藤 勝彦一般財団法人 大原記念財団 大原綜合病院 理事長・院長
副会長佐久間 啓社会医療法人 あさかホスピタル 理事長・院長
新谷 史明いわき市医療センター 病院事業管理者
三浦 純一公立岩瀬病院 名誉院長
常任理事会田 征彦公益財団法人 会田病院 理事長・病院長
井上 仁社会福祉法人 恩賜財団済生会支部福島県済生会 福島総合病院 院長
金澤 正晴公益財団法人 湯浅報恩会 寿泉堂綜合病院 名誉院長
新保 卓郎一般財団法人 太田綜合病院 附属太田西ノ内病院 病院長
武市 和之一般財団法人 温知会 会津中央病院 病院長
野水 整公益財団法人 星総合病院 総長院長
本田 雅人一般財団法人 竹田健康財団 竹田綜合病院 病院長
緑川 靖彦社団医療法人 呉羽会 呉羽総合病院 理事長・病院長
渡部 洋一日本赤十字社 総合病院福島赤十字病院 院長
理事飯塚 卓医療法人 昨雲会 理事長
及川 友好南相馬市立総合病院 院長
大木 進司福島県厚生農業協同組合連合会 白河厚生総合病院 病院長
大田 雅嗣公立大学法人福島県立医科大学 会津医療センター附属病院 病院長
菅野 智行一般財団法人 新田目病院 院長
近藤 祐一郎公立藤田総合病院 院長
佐藤 雅彦公立相馬総合病院 院長
鈴木 弘行公立大学法人 福島県立医科大学附属病院 病院長
高萩 周作医療法人社団正風会 石井脳神経外科・眼科病院 病院長
武藤 淳独立行政法人労働者健康安全機構 福島労災病院 副院長
監事原口 秀司一般財団法人 慈山会医学研究所 付属坪井病院 院長
六角 裕一独立行政法人地域医療機能推進機構 二本松病院 病院長

福島県病院協会へのアクセス